2017年度幹事長からの挨拶

 平成29年度弁理士同友会の幹事長を拝命しております高下雅弘でございます。
 私ども弁理士同友会は、今年で創立53年目を迎える歴史ある会派です。当会派は、日本大学出身の先輩方により昭和39年に「桜門弁理士クラブ」として創立されました。創立30周年を機に、広く人材を外に求めるため、名称を「弁理士同友会」と改めました。現在では、様々な出身校・ご経歴の先生方によって組織・運営がなされております。
 当会派は、「弁理士道の精神に沿って研鑽し、活躍する同志が結集し、友情と団結とを信条として飛躍的な発展を図る」との基本理念の下、研修会や委員会活動を通じて日々互いに研鑽に努めております。当会派は、これまでに日本弁理士会の会長及び副会長をはじめ、各委員会の委員を数多く輩出し、弁理士制度及び日本の知的財産制度の発展に努めてまいりました。
 最近では、平成25年度・平成26年度の2年間において、当会派選出の古谷史旺先生が日本弁理士会会長を務められました。当会派も会長選出会派として積極的に日本弁理士会の会務運営を支援してまいりました。
 会員相互間の活動も活発です。旅行会、納涼会、忘年会など様々なイベントや、野球、ゴルフ、ジョギングなどの同好会を通じて相互の交流と親睦を深めており、ベテランから若手まで、楽しく、明るく、元気良く活動しております。
 また、当会派においては著しく女性会員数が増加しております。今年度執行部の半数は女性会員で占められている等、当会派における女性会員の活躍には目覚ましいものがございます。
 このような歴史ある会派の幹事長を拝命したことは大変光栄であり、微力ではございますが、幹事長の職を精一杯務めさせて頂く所存ですので、皆様方のご協力・ご支援を賜れれば幸甚です。

高下雅弘MPS_0016.JPG





 

 

 高下 雅弘 

平成29年度役員名簿はこちらをクリック